平和への祈り、薫る陽気に乗せて 長崎市職員が原爆死没者名簿を「風通し」

 梅雨期を前に、原爆死没者名簿を外気に当てて湿気を取り除く「風通し」が18日、長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館であった。名簿は新たに3冊加わり、死没者総数は18万9245人となった。

 白手袋を着用した市原爆被爆対策部の職員10人は、原爆投下時刻の午前11時2分に黙とう。その後194冊を1枚...

残り 176文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR