困り事知り意思疎通から 障害者への合理的配慮 福岡県、動画で実例紹介

 昨年改正された障害者差別解消法で、民間事業者への義務化が盛り込まれた「合理的配慮」。障害のある人もない人も、誰もが暮らしやすい社会を目指す取り組みの一つだが、具体的に何が求められるのだろう。福岡県は合理的配慮を紹介する動画を制作、ホームページ(HP)で公開を始めた。障害者への理解を深め、対話し、実際の配慮につなげていくためのポイントを分かりやすく説明している。

 買い物に出かけたり、働いたり、交通機関を使ったり-。日常的にさまざまな施設を利用する際、障害のある人はその特性により、障害のない人には感じにくい「困り事」が生じる。...

残り 1766文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

開催中

能meets博多

  • 2022年6月26日(日)
  • リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

PR