【歴史のかけらを探して 陶磁考古学入門(1)】海と時を超えて

野上建紀さん寄稿

 響灘に面した美しい砂浜が続く岡垣浜(福岡県岡垣町)には陶磁器が漂着する。船が難破し、沈んだ陶磁器が割れて破片となって打ち寄せられ、波に洗われている。それらの多くは江戸時代に九州の北西部の肥前地域(現在の佐賀県、長崎県の大半部)で焼かれた肥前磁器である。17世紀初めに日本で初めて焼かれた磁器であり、積み出し港の名前にちなんで「伊万里」とよばれた。...

残り 1397文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR