「サラダ記念日」実は唐揚げだった 俵万智さん、日田市で創作秘話

 作家を講師に迎え、文学について語り合う「九州芸術祭文学カフェin日田」が14日、大分県日田市の市民文化会館「パトリア日田」であり、歌人俵万智さんが「未来の記念日」と題し、創作秘話などを語った。

 俵さんが本紙で4月まで連載した「一首一会」の初代担当記者と対談形式で進行。短歌の31文字にちなみ、第1歌集『サラダ記念日』や最新歌集『未来のサイズ』などから31首を解説した。...

残り 758文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR