結婚差別…不条理に憤慨 「出会い思い合い」(39)

【聞き書き】部落解放同盟中央執行委員長 組坂繁之さん

 中村君(仮名)は三井高校の4、5年後輩で、真面目な工場労働者。同じ被差別部落に住む彼が「相談がある」と訪ねてきたのは、1970(昭和45)年だったと思います。結婚差別に遭ったのです。

 彼の相手は部落外の女性で、既に子を宿していました。ところが彼が部落出身だと知った女性の親から「堕(お)ろして別れろ」と迫られたというのです。

...

残り 843文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR