農業経営DX化、クラウドで支援 春日のベンチャー、1000社導入目標

 農業コンサルティングを手がけるベンチャー企業「クロスエイジ」(福岡県春日市)が、農業法人などの経営を支援するクラウドサービスを強化している。生産や販売に関するデータを一元管理し、農業経営の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を進める狙いだ。藤野直人社長は「5年で千社の導入を目指したい」としている。...

残り 571文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR