上林は右アキレス腱断裂 全治3-4ヵ月、今季中の復帰目指す

 ソフトバンクは19日、上林誠知外野手(26)が佐賀市内の病院で再検査を受け、右足のアキレス腱(けん)断裂と診断されたと発表した。近日中に手術を受けるとみられ、全治3~4カ月が見込まれ、今季中の復帰を目指すことになる。

 上林は18日の西武戦(那覇)の試合前シートノックの際、送球しようと右足を踏ん張った際に転倒。担架で運ばれ、那覇市内の病院で検査を受けていた。

 9年目の上林は今季33試合の出場で打率3割1厘、1本塁打、12打点。藤本監督は「いい状態をキープしたままここまで来ていた。やってしまったことは仕方ない」と残念がった。外野では開幕直後に栗原が左膝前十字靱帯(じんたい)断裂などの重傷を負い今季絶望の見込み。チームにとって、またしても痛い長期離脱となった。

関連記事

PR

PR