ミリ単位の再現 ここまでやるの⁉ ミニチュア福岡銘菓、大きな反響

 小さな作品に、大きな魅力を詰めて-。福岡県久留米市のミニチュア作家みすみともこさん(50)が制作した地元銘菓のミニチュアが、注目を集めている。コロナ禍で土産物需要が激減する中、交流サイト(SNS)や展示会を通じて作品や銘菓の魅力を発信。箱や手提げ袋も開けられる再現度の高い作品がそろい、作品を返礼品にした菓子店支援のクラウドファンディング(CF)は1日で「完売」する人気ぶりだ。

 みすみさんは趣味でドールハウスなどを作っていたが、お菓子好きが高じて数ミリから2センチほどの大きさのミニチュアフードも制作するようになった。15年ほど前から店舗での委託販売を始めるとファンが付いた。10年前に開始したネット販売で人気は全国区となり、インスタグラムのフォロワー数は15万人以上に上る。

...

残り 679文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

能meets博多

  • 2022年6月26日(日)
  • リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

PR