島原道路の長野-栗面IC間2.7キロ きょう午後、供用開始 諫早市

 国と長崎県が整備を進める自動車専用の高規格道路「島原道路」の諫早市・長野-栗面(くれも)インターチェンジ(IC)間2・7キロが21日午後4時に供用を開始する。同市内の混雑緩和や、県央と島原半島の地域振興への貢献などが期待される。

 長野-栗面IC間は2011年度に着工し、総事業費は約190億円。片側1...

残り 206文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

能meets博多

  • 2022年6月26日(日)
  • リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

PR