中津の耶馬渓橋、重要文化財へ 文化審議会が答申 国内最初期の観光道路施設

 文化審議会は20日、現存する国内最長の石造アーチ橋である耶馬渓橋(大分県中津市)など、建造物8件を新たに重要文化財に指定するよう、末松信介文部科学相に答申した。

 耶馬渓橋は1923(大正12)年、山国川に架けられた。景勝地の耶馬渓の観光開発に伴って建設された国内最初期の観光道路施設という。地元で...

残り 205文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR