4月の消費者物価2.1%上昇 7年ぶり2%超、侵攻や円安が影響 

 総務省が20日発表した4月の全国消費者物価指数(CPI、2020年=100)は、変動が大きい生鮮食品を除く総合指数が101・4と、前年同月より2・1%上昇した。上昇幅が2%を超えたのは、消費税増税の影響で2・2%上昇した15年3月以来、7年1カ月ぶり。ロシアのウクライナ侵攻や円安で、エネルギーや食...

残り 750文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR