鷹、朗希崩せず苦杯 序盤の好機ミスでふい

 ◆ソフトバンク1ー8ロッテ(20日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは「令和の怪物」に六回までに1得点と封じられ、通算3度目の対戦で初黒星を喫した。「いい投手だからね。そう簡単には打てないんだけど…」。藤本監督は悔しさをにじませた。

 手痛いミスで佐々木朗を助けた。2点を追う二回の無死一、二塁。今季初の6番で起用された今宮がバントの構えをしていた初球、内角へ決まった159キロにバットを引くと、二塁走者のグラシアルが飛び出した。三塁で刺されて1死二塁に変わると、今宮、柳町がともに倒れて無得点に終わった。「ミスはミスで、終わったこと。仕方ないと思う」。指揮官は淡々と振り返ったが、佐々木朗の立ち上がりを攻める絶好機を逃した。

 20日は王球団会長の82歳の誕生日だった。「勝ってお祝いしましょう」。試合前、藤本監督は難敵を攻略した上での白星をプレゼントに贈ろうと意気込んだが、現実は甘くなかった。佐々木朗がこの日投げた97球のうち、自己最速タイとなる164キロが5球、160キロ以上を計測したのは41球に上り、二回から四回にかけては6者連続三振を奪われた。

 六回に先頭の牧原大が浮いたフォークを捉えて右翼線を破る三塁打を放ち、続く柳田の一ゴロで3点差に迫ったが、その1点が精いっぱいだった。この回限りで佐々木朗は降板したが、八回から登板した3番手松本、そして4番手笠谷が計4失点を喫し、勝負は決まった。 (長浜幸治)

関連記事

PR

PR