『クルト・ヴァイルの世界』大田美佐子著 人間と社会の新たな関係性創出

 ヒトラーが政権を奪取する直前まで、沸騰するベルリンはあらゆるアヴァンギャルドに輝いていた。巨額の賠償金とインフレに苦しみながら、爛熟(らんじゅく)する大都会。その退廃に引導を渡すかのように、詩人ブレヒトと作曲家ヴァイルは革新的舞台を世に問うた。20世紀の伝説的な舞台といえば、1928年のこの『三文...

残り 710文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR