アフリカの衛生改善へ、東亜大とチュニジアの大学がせっけん開発  

 アフリカの衛生環境の改善に一役買おうと、山口県下関市一の宮学園町の東亜大(櫛田宏治学長)の学生が、アフリカのチュニジア共和国の大学生と共同でチュニジア産の原材料を使ったせっけんの開発に乗り出した。その開発資金が不足しているため、クラウドファンディング(CF)サイト「KAIKA」で支援を求めている。目標金額は50万円。期間は6月30日まで。

 せっけんづくりは、芸術学部トータルビューティ学科で...

残り 368文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

能meets博多

  • 2022年6月26日(日)
  • リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

PR