待ちわびた観光祭開幕 日田市、3年ぶり通常開催 ハンギリ合戦やパレード

 大分県日田市の初夏の風物詩「第75回日田川開き観光祭」が始まった21日、開催を待ちわびていた大勢の市民らが見物などに繰り出し、会場の日田市中心部は活気に包まれた。

 午前10時、川の恵みに感謝して地域の安全を祈願する神事「水神祭」が三隈川で始まって、同観光祭は幕開け。神職が祝詞をささげた後、「水郷ひたキャンペーンレディ」の2人が三隈川にアユを放流した。

 JR日田駅前や隈地区では...

残り 291文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

大分県の天気予報

PR

PR