キャナルシティ「ブラウン管アート」修復の裏話 企画参加の溝口さん

 キャナルシティ博多(福岡市博多区)に、180台のブラウン管テレビが一斉に映像を流すビデオアートがある。1996年に設置されたが故障し、昨年修復された。22日、修復プロジェクトに参加した溝口直美さんが同市中央区の福岡市美術館で講演し、絵画や彫刻とは違う電子機器アート修復の裏話を披露した。

...

残り 293文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR