護衛艦「はるさめ」佐世保港を出発 中東で海賊対処任務へ

 中東のオマーン湾などの海域で海賊に対処する海上自衛隊の護衛艦はるさめ(4550トン)が22日、長崎県佐世保市の佐世保港倉島岸壁を出発した。

 はるさめには、海自隊員と海上保安官約220人が乗船。任務海域に到着後約4カ月間、国内外の民間船舶の護衛や海域の警戒監視、情報収集活動を担う。

 出発式では岸...

残り 143文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

能meets博多

  • 2022年6月26日(日)
  • リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

PR