耶馬渓橋が国重文指定へ 地元中津市に喜び広がる

 国の文化審議会が、現存する国内最長の石造アーチ橋である耶馬渓橋(大分県中津市)を国の重要文化財(建造物)に指定するよう文部科学大臣に答申した20日、地域に喜びが広がった。県内の国の重要文化財は87件目で建造物に限れば33件目。石造橋は虹潤橋(こうかんきょう)(臼杵市・豊後大野市)に次ぎ2件目。

 奥塚正...

残り 373文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

大分県の天気予報

PR

PR