「暑い」「寒い」同時に苦情も…電車の温度設定どうなってるの?

 「朝の通勤中、地下鉄の車両が蒸し暑い。どんな基準で温度設定しているのか」。福岡市の40代男性から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に声が届いた。福岡市地下鉄を含め鉄道各社の温度管理の現状を調べると、利用者からの苦情が絶えず、温度管理に気を使っていた。車内の密接度合いなど利用者の状況によって体感温度に差が生じ、対処は簡単ではないようだ。

 男性は、午前8時半から9時ごろ、市地下鉄・空港線に天神方面へ10分ほど乗車する。

 スーツにネクタイを着用する4月はもちろん、クールビズで軽装になる5月以降も暑いと感じ、弱冷房車は避ける。「汗だくになった後にやっと冷房が強くなり始め、汗が引く前に目的地に着く感じだ。周りも暑そうにしている」

 市交通局によると、地下鉄車内は2020年6月ごろから24度(弱冷房車は26度)に設定。それまでは25度(弱冷房車は27度)で、コロナの感染拡大で利用者がマスクを着用し、体感温度が上昇するのを踏まえて変更した。全車両に備え付けたセンサーが、設定を超えた温度を感知すると、冷房が強まる仕組みだ。

 実際はさらに、低温設定となる。朝夕のラッシュ時間帯(空港線だと「午前7時半~9時」「午後5時半~7時」)は、設定から約1度下げる。乗車率が100%(6両編成で約850人)を超えた場合も、さらに約1度下げる。混雑するラッシュ時は両方の条件がそろい、設定温度が約22度に下がることもある。

 数字を見るとかなり涼しい温度だが、市交通局によると、「湿度や利用者同士の密接度も体感温度に影響する」。各駅に停車する地下鉄だと、約2分ごとに扉の開閉があり、冷気は逃げやすい。七隈線より利用者が約4倍多い空港線は、扉が開いている時間も長いという。

 それが、男性を悩ませている理由だろうか。

体感に差、コロナ…各社苦慮

 地元の他の事業者にも聞いた。西日本鉄道(福岡市)の設定温度は普通車で25度(弱冷房車で27度)で、コロナ前から同じ。ただ「あくまで目安」とし、温度センサーのほか、乗務員が見回りなどの際に“肌感覚”を頼りに温度調整する。

 JR九州は、福岡県内の路線を26度に設定し、7月中旬~9月中旬の夏季は25度(弱冷房車は26度)。以前は今より1度低かったが、節電による環境保護の観点から05年に引き上げた。乗務員室で温度調整ができる一部車両以外は、室温を自動でコントロールする。

 特に夏季は、室温が上がらないようカーテンを下ろす。駅ホームに長く停車する場合は一部のドアを閉めたり、利用者がボタンで開閉する「スマートドア」を利用してもらったりした。

 ただ、感染症対策の換気のため、現在は停車中はすべてのドアを開放しており、コロナは車内温度にも大きな影響を与えている。

 “満員電車”で知られる東京メトロにも聞いた。基本的に26度(弱冷房車28度)を保つように、外気温や湿度、混雑具合などを加味して乗務員が調整。「体感温度には個人差もあり、全ての利用者に満足いただける空調操作は大変難しい」(広報部)と悩みは同じだ。

車内で快適に過ごす方法は

 各事業者によると、「車内が暑い」との声が寄せられる一方で、高齢者や女性などから「寒すぎる」という意見も同じ時期に来るケースが少なくない。

 そもそも、衣服や駅までどのくらい歩いたかなどによっても体感温度に差が出る。そこに、コロナ禍などの環境変化もあり、利用者を取り巻く温度環境は複雑になっている。福岡市交通局車両課は「温度を下げればいいという訳でもなく、悩ましい」と苦慮する。

 暑く感じる人が少しでも快適に過ごす方法はないのか。市交通局によると、体感温度に特に影響するのが混雑具合で、利用者同士の体が触れそうな距離で密になると、暑く感じる。比較的人が少ない中央付近の車両を選んだり、ラッシュ帯を避けたりといった分散乗車のほか、車内ではドア付近に固まらず、奥に詰めることも有効という。

 市交通局では温度に関する意見が寄せられると、実際に職員が温度計を持って乗車し、確認する。「まれに機器が故障していたということもある。気づいた点があれば、声を上げてほしい」としている。(黒田加那)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR