神戸児童殺傷25年の「森」 小出浩樹

 緑けぶる丘に向かい歩いた。二十数分。8万人余が住むニュータウンにしては、すれ違う人は少ない。

 少年Aがあの日、白昼に行動したとしても、怪しまれることはなかったかもしれない。団地群と、いくつか立体交差する道路が視界を遮る。

 1997年5月27日、火曜日。中学3年のAは人目を避けるため夜明け前を選んで動いた。...

残り 940文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR