「わっしょい百万夏まつり」3年ぶり通常開催 北九州市、前夜祭では1万4千発の花火

 北九州市の夏の風物詩「わっしょい百万夏まつり」の振興会(津田純嗣会長)は24日、3年ぶりに祭りを通常開催すると決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年と一昨年は無観客でのオンライン開催だった。期間は8月5~7日。

 メイン行事の一つは、同市の祭りが一堂に会する「夏まつり大集合」(6日)。戸畑祇園大山笠の提ちょう灯ちん山笠や小倉祇園太鼓の山車などが、小倉北区の市中心部を練り歩く予定。約2千人が華やかな衣装で踊る「百万踊り」(7日)も見ものだ。

...

残り 143文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR