祭りの夏、コロナ越えて

 各地から、夏の祭りの開催決定を伝える記事が届く。博多祇園山笠の舁(か)き山が街を走り、日田祇園祭では山鉾(やまぼこ)が動き、戸畑祇園大山笠は競演会を行う。コロナ禍の自粛を経て、いずれも3年ぶりの開催だ。本紙ウェブ版の編成作業をしながら、関係者の伝統を守る熱意を感じる。

 大分県の日田支局時代、日田...

残り 240文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR