これって個人情報の流出?

 Q 最近引っ越したのですが、家事代行の会社から勧誘の電話がかかるようになりました。新居の不動産仲介業者から紹介を受けたとのことです。これは個人情報の流出には当たらないのでしょうか。

 A ご相談のケースは個人情報の第三者提供と呼ばれる問題です。不動産仲介業者から家事サービス会社(第三者)への情報提供にあたり、あなたが同意したかどうかが問題となります。同意していれば「流出」にはあたりません。

 多くの企業は顧客と取り交わす契約書や個人情報保護指針などに、個人情報を自社のグループ会社に提供したりグループ内で共同利用したりする規定を設け、顧客の同意を得ています。よく覚えていないかもしれませんが、契約時などにチェックマークで第三者提供に同意した書面などがないか確認してみてください。

 第三者提供に同意していた場合でも、一定の条件下で、個人情報の開示、利用停止、消去、第三者提供の停止などの請求ができます。今年4月に施行された改正個人情報保護法では、「利用する必要がなくなったとき」や「漏えい等が生じたとき」にも利用停止などの請求ができるようになりました。

 例えば、業者側に利用する必要のなくなったダイレクトメールの住所録や、個人情報の漏えいを起こしたショッピングサイトが保有する自分の情報などについて、利用停止や消去の請求ができます。

 個人情報の管理の仕組みは複雑化しています。心配な場合は弁護士にご相談ください。

 (若狹慶太)

関連記事

PR

PR