備えの心構え 高めるきっかけに 6月から線状降水帯予測情報

 梅雨期を中心に近年しばしば耳にするようになった気象現象「線状降水帯」。短時間で集中豪雨をもたらし、災害を引き起こす恐れが強いため、気象庁は6月1日から予測情報の発表を始める。住民の早めの避難に役立ててもらうのが狙いだ。発表された場合、市町村や住民は、どう対応すればいいのか。 (特別編集委員・長谷川...

残り 1387文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR