水害被災地・真備町からの示唆 『災害看護でまちづくり』出版

 水害被災地で取り組まれたユニークな復旧・復興の歩みを書き記した「災害看護でまちづくり」=写真=が出版された。副題に「被災地・真備 ある訪問看護師の巻き込み型復興」とある通り、2018年7月の西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町が舞台のドキュメンタリー、論考の書だ。

 訪問看護ステーションを営むN...

残り 522文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR