雲仙普賢岳災害31年 噴火由来の津波も警報を

新局面 災害の時代ー後悔しない備え(60) 杉本めぐみ九州大准教授

 雲仙普賢岳の火砕流で43人の犠牲者が出てから6月3日で31年になります。カメラマンら16人が犠牲となり、報道各社はこれを機に安全管理規則を整えたことで、日本の災害報道の大きな転換点になりました。

 他方、2011年東日本大震災の東京電力福島第1原発事故の時、取材陣はこの安全管理規則に沿って現場から...

残り 1435文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR