王位戦特設サイト

 

女流王位戦第3局 里見と西山、中央で激しい攻防

 将棋の里見香奈女流王位(30)=女流王座、女流王将、倉敷藤花=に西山朋佳女流二冠(26)=白玲、女王=が挑む第33期女流王位戦5番勝負第3局(西日本新聞社など新聞三社連合主催、QTnet、大王製紙協賛)が25日、福岡県飯塚市の「旧伊藤伝右衛門邸」で始まった。

 両者1勝1敗で迎え、どちらがタイトル獲得にあと1勝と迫るか、5番勝負の流れを占う一局となる。定刻の午前9時、立会人の中田功八段(54)の合図で、先手の西山が初手を7八飛と指した。

 西山の三間飛車に対し、振り飛車党の里見は形を決めず、6六歩(19手目)までは第1局と同手順。里見は居飛車のまま5五歩(30手目)、6五歩(32手目)と中央から仕掛けた。里見が4五銀(44手目)と角の利きを通して激しく攻めたのに対し、西山が5五歩(45手目)と受け、昼食休憩に入った。

 中田八段は「里見女流王位の決断の仕掛けで、成算があるのだろう。西山女流二冠が受け切るか、早くも勝負どころを迎えている」と話した。

 持ち時間は各4時間。25日夜までに勝敗が決まる見通し。対局の模様はニュースサイト西日本新聞meでも速報している。

福岡県の天気予報

PR

PR