岩田屋、プラリバ、コロナ…変わる時流を見極める「西新」の柔らかさ

 【つながる町西新 福岡市編入100年②】

 「宴会の帰り道、締めにちゃんぽんを食べに来るお客でにぎわっていた。でも、今は宴会をしなくなったからね」。新型コロナウイルス禍で、飲食店が多い早良区の西新中央商店街は打撃を受けている。来年で創業70周年となる老舗「あっぱれ食堂」も、厳しい状況下での営業が続く。

 西新の商店街は、時代の流れをダイナミ...

残り 1044文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR