ランニングで転倒

 新緑が美しく、風が心地よい季節。コロナ禍で自粛していたランニングを再開したが、歩道で派手に転んでしまった。よく見るとマンホールの部分がわずかに低い。とっさに右手を着いたが、左腕から倒れて擦りむき出血した。

 痛みや恥ずかしさより、こんな段差で転んだのかとショックの方が大きかった。走る足が地面すれす...

残り 249文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR