近隣市町村で防災対応連携「流域タイムライン」全国に拡大

 国土交通省は本年度から、水害発生を想定して河川流域全域の自治体などの対応を時系列で定めた「流域タイムライン(TL)」を全国で本格導入する。これまで市町村ごとにTLを定めていたが、雨量や河川の水位など流域全体で危機感を共有し、迅速な災害対応を促す狙い。来年3月までに全国109の全1級水系で導入を目指す。

...

残り 612文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR