宮崎県で320人感染 新型コロナ

 宮崎県の河野俊嗣知事は27日、新型コロナウイルスの県独自の対応について、病床使用率などの医療体制を基準に、29日までの発出としていた「医療緊急警報」(警戒レベル2)を6月5日まで延長することを明らかにした。病床使用率などが下がれば、同6日以降は「医療警報」(同1)に引き下げ、会食制限(1テーブル4人以下、2時間以内)などの行動要請を解除する方針。

 延長は、新規感染者は減少傾向にあるが、病床使用率が27・1%(26日現在)で、25%を超えていることなどを考慮した。河野知事は「県民の努力で新規感染者数が減少している。一方で、クラスター(感染者集団)も発生しており、感染対策を徹底してほしい」と語った。

...

残り 28文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

宮崎県の天気予報

PR

PR