福岡県、モデルナ製15万7千回分廃棄へ 「副反応懸念し忌避されている」

 福岡県は27日、県内に配分された新型コロナウイルスのワクチン約15万7千回分が、使用期限切れで廃棄される見通しだと明らかにした。全てモデルナ製で、服部誠太郎知事は記者会見で「副反応を懸念してモデルナが忌避され、余剰が生じている」と説明した。...

残り 165文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR