ホークス快勝、育成出身バッテリー活躍 渡辺陸プロ初弾から2打席連発

 ◆ソフトバンク11-1広島(28日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが育成出身バッテリーの活躍で連勝し、カード勝ち越しを決めた。

 1点を追う2回に広島先発の森下を攻め、相手の暴投で追い付くと、柳町の左前打で勝ち越し。なお1死一、二塁で、プロ初先発の捕手渡辺が左越えのプロ初安打初本塁打の3ランを放ち、さらに2死となって牧原大が右越えの2号ソロを放って計6点を挙げた。さらに4回には渡辺の2打席連続の左越え2号ソロで1点、6回には渡辺の左前適時打などで2点を加えて森下をKO。渡辺は3安打猛打賞で2本塁打5打点の大暴れだった。

 投げては左腕の大関が7回を5安打で1失点。4勝目を手にした。

関連記事

PR

PR