旦過復興へ、アートで力を 市場の子どもたち、仮囲いに明るい絵

 大火に見舞われた旦過市場の被災店舗と歩道を隔てる仮囲いのフェンスを、子どもたちのイラストで明るくするイベントが28日に開かれた。北九州市小倉北区出身のアーティスト詩太(うーた)さん(35)と市場の子どもなど13人が参加。縦1・8メートル、横1メートルの板3枚に、筆やスポンジなどに絵の具を付け、魚や星などを鮮やかな色彩で描いた。市場入り口に...

残り 697文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR