教科書「修正」、背景に政治介入 映画で警鐘 監督の斉加さんに聞く

教育と愛国

 教科書にある戦時中の「史実」が変わる。その背景に何があるのか。関係者へのインタビューで解き明かすドキュメンタリー映画「教育と愛国」が今月から全国各地で順次、上映されている。監督は、毎日放送(大阪市)報道情報局ディレクターの斉加尚代さん(57)。製作に至った過程や、映像に込めた思いを聞いた。

 19...

残り 1901文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR