医療の「ヒヤリ・ハット」共有ソフト開発 訪問診療の医師「小さなミス教訓に重大事故防ぐ」

 福岡市や近郊で訪問診療を手がける「たろうクリニック」(同市東区)の内田直樹院長(43)が、重大事故につながりかねない小さなミス「ヒヤリ・ハット事例」を職員間で迅速に共有し、ミス防止に役立てようと、スマートフォンで簡単に入力、閲覧できる専用ソフト「スマレポ」を自ら開発した。多くの職員が外回りや別々の...

残り 942文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

松永瑠美展

  • 2022年8月1日(月) 〜 2022年8月9日(火)
  • ギャラリー風

PR