視覚のハンディ支える点字 福岡市立点字図書館を取材 福岡講倫館高1年・小野絢菜(第9期こども記者)

 みなさんは、えなくてもほんめるということをごぞんじだろうか。しょうせつむこともできるし、てつやバスなどのこくひょうだってめる。むのではなく、ぽこりとしたてんとつゆびさわってむことができる。かくにハンディがあるひとささえる「」、それがてんというものである。...

残り 2845文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR