高さ15m世界最大級メリーゴーラウンド HTB11月導入、国内初の3階建て

 開業30周年を迎えた長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボス(HTB)は13日、節目の目玉事業として導入する国内初の3階建てメリーゴーラウンド「スカイカルーセル」の概要を正式発表した。華やかな装飾と電飾を施した高さ約15メートルの施設で、世界最大級のカルーセルになるという。

 スカイカルーセルはイタリア製で、11月のオープンを予定。国内には東京ディズニーシー(千葉県浦安市)に2階建ての「キャラバンカルーセル」などがあるが3階建ては初めてといい、導入により九州を中心としたファミリー層や若者に向け、テーマパークとしての魅力アップを図る。

 イルミネーションで彩る欧風の街の新たな名所に育てたい考えで、記者会見した坂口克彦社長は「30周年を機に、九州のリピーターをさらに増やしていきたい」と話した。(庭木香充)

長崎県の天気予報

PR

PR