「日本の若者の意識、被爆者の思い発信」核禁条約会議へ長崎の大学生が決意

 77年前、広島、長崎の街を一瞬で壊し、人々の命を奪った「核」を、人道に反する違法な兵器と位置付けた核兵器禁止条約の第1回締約国会議が21~23日、オーストリア・ウィーンで開かれる。ロシアのウクライナ侵攻で核使用の危機が高まる中、核の廃絶や各地の核実験による被害者の救済実現に向け、条約に賛同する国々が協議し、行動計画をまとめる方針。唯一の戦争被爆国、日本は条約を批准せず、オブザーバー参加も見送る予定だ。 ...

残り 373文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR