火災時は消火の妨げにも…ソーラーパネルに潜むリスク

防犯速報おじさんの「福岡見張り番」40

 太陽光発電は自然エネルギーで最も身近なものでしょう。最近はソーラーパネルを設置した住宅も多くなりました。政府も太陽光発電を「2050年脱炭素社会の実現」に向けた政策の主軸に位置付けています。住宅だけでなく、今後は各地の工場や学校などにも広がっていくことでしょう。

 再生可能エネルギーの切り札といわれる太陽光発電ですが、良いことばかりではありません。将来的には製品寿命を迎えた使用済みパネルの大量廃棄は避けられず、不法投棄につながることが危惧されています。

 市民にあまり知られていない意外なリスクも潜んでいます。...

残り 1214文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR