北九州市のベンチャー、EV工場「稼働は23年9月」 試乗会では静かさ実感

 北九州市は16日、商用電気自動車(EV)の設計、販売を手がける同市のベンチャー企業「EVモーターズ・ジャパン」(EVMJ)が開発した小型電気バスの試乗会を市内で開いた。同社は7月にも市内で組立工場の建設に着工。50~100人の雇用を見込んでいる。佐藤裕之社長は「来年9月には稼働させたい」と話した。...

残り 339文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

天神文化塾

  • 2022年8月18日(木)
  • 西日本新聞TNC文化サークル

PR