筑豊高生、スイーツ「庭園壮麗」でおもてなし 直方歳時館イベント

 福岡県直方市新町の直方歳時館が7月に開くイベントで、筑豊高生活デザイン科3年生が手作りしたオリジナルのスイーツで来館者をおもてなしする。同館は筑豊の五大石炭王の1人で同市出身の堀三太郎(1866~1958)の旧邸。四季折々の花々が咲く枯山水の日本庭園をモチーフにしたスイーツに高校生の創意工夫が詰め込まれ...

残り 670文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR