長崎大薬学部の源流「分析窮理所」の遺構披露 跡地の小学校で記念行事

 長崎大薬学部の源流に当たる「分析窮理所」の跡地から見つかった遺構が20日、一般にお披露目された。現地に立つ長崎市西小島1丁目の仁田佐古小で記念イベントが開かれ、同小6年生や地域住民55人が同学部の川上茂教授から薬学の歴史などについて学んだ。

 分析窮理所は、薬草が医学の主体だった1865年、オラン...

残り 376文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR