来店客のスマホ、勝手にチャージし注文 福岡県警、容疑の代理店店長逮捕

 顧客のスマートフォンで勝手に電子マネーをチャージ(入金)して商品を注文したとして、福岡県警は20日、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、携帯電話販売代理店従業員(32)=福岡県=を逮捕した。「身に覚えがない」と否認しているという。

 逮捕容疑は2020年9月、店長を務めていたソフトバンクの販売代理店(同県筑紫野市)で、70代女性の機種変更手続きの際、無断で電子決済アプリ「ペイペイ」をダウンロードして100円をチャージし、ボールペン1本(59円相当)を注文した疑い。

 女性から「心当たりがないのに電子マネーの利用を通知するメールが来た」と相談があり発覚。県警は、ソフトバンク系のペイペイの利用実績を稼ぎ、報奨(インセンティブ)を得ようとしたとみている。同じ店の複数の客から、同様の相談が寄せられているという。

 ソフトバンクは取材に「警察の捜査に全面的に協力する。(実績やインセンティブは)代理店運営会社との契約に基づく内容のため、詳細は控える」とコメントした。 (田中早紀)

福岡県の天気予報

PR

PR