「国境の島」対馬の苦悩としたたかさ 寺院「以酊庵」から迫る外交事情

 対馬(長崎県対馬市)は朝鮮半島と九州の間に浮かぶ「国境の島」だ。その歴史を紹介する「対馬博物館」が4月、市街地の厳原地区に開館した。開館記念の特別展で取り上げるのは、江戸時代の対馬で朝鮮外交を担った寺院「以酊庵(いていあん)」。朝鮮との盛んな交易や、外交面での苦労を象徴的に物語る存在である。

 ...

残り 1782文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR