新生堂薬局「お薬手帳」電子化 健康情報一元管理、最適な市販薬提案へ

 新生堂薬局(福岡市)は、店舗利用客一人一人の既往症や薬の購入履歴などをデータとして蓄積・一元管理し、利用客の健康状態に最適な薬の販売につなげる電子システム「健康台帳」を開発した。福岡、長崎、熊本3県で展開するドラッグストア全53店舗への導入を終え、本格運用を始めている。

 新生堂薬局によると、健康...

残り 444文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR