過去最多6人出馬 全国屈指の激戦区、大分で論戦開始 参院選公示

 参院選が22日公示され、大分選挙区(改選数1)には現職1人と新人5人の計6人が立候補を届け出て、7月10日の投開票に向けた18日間の戦いがスタートした。同選挙区での立候補者6人は過去最多で、全国屈指の激戦区の一つ。各候補者は届け出後に一斉に活動を本格化させ、物価高や安全保障、感染症対策などについて...

残り 1118文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR