新たな野焼きのシステムを 草原維持へ、再生協が阿蘇市で座談会

 阿蘇草原再生協議会は20日、30年後も今の草原を維持するための方策を考える座談会を熊本県阿蘇市で開いた。牧野管理、新たな草原利用、活動財源確保-の3テーマで、牧野組合や野焼きボランティアら約80人が意見を交わした。

 牧野管理では野焼きが主テーマに。小倉原牧野組合(高森町)の安片英人組合長は「安心して野...

残り 381文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR