参院選熊本選挙区、立候補者の公約と経歴

■立候補者の公約と経歴(届け出順)

高井 千歳(たかい・ちとせ) 36 諸 新

〈公約〉減税と積極財政を推し進め、長引くデフレからの脱却、豊かな日本を目指す。外資から土地や企業が買収されにくくする仕組みづくり。子どもたちが日本に誇りを持てる自尊史観教育をベースに、探求型学校など公教育以外も選択できるような仕組みづくりを目指す。

〈経歴〉参政党選挙区支部長。福岡歯科大卒業後、歯科医院勤務。現在は子育てをしながら働く。福岡市。

出口 慎太郎(でぐち・しんたろう) 40 立 新 【社】

〈公約〉持続可能な社会に向けて食糧自給率の向上と食の安全保障を確立させる。子育て・教育・医療・障がい者福祉など、すべての人が自分らしく暮らせる「当たり前の社会」に向けて人権政策を抜本強化。教育の格差解消にも取り組む。人・未来への投資により、我が国の将来を切り拓く。

〈経歴〉企業役員、国民民主党県副代表を経て立憲民主党に入党し、県連副代表。菊池市旭志。阿蘇高卒。

松村 祥史(まつむら・よしふみ) 58 自【茂】現 【公】

〈公約〉燃油・資源高騰対策、防衛費確保、憲法改正に取り組み、熊本地震・熊本豪雨からの復旧・復興への継続的支援、1次産業及び事業者への持続的発展・再生、熊本経済の再興と発展に努めます。コロナ対策によりいのちと暮らしを守り、こどもたちが希望をもてる未来を描きます。

〈経歴〉会社社長などを経て2004年に初当選。参院決算委員長。あさぎり町上北。専修大卒。

本間 明子(ほんま・あきこ) 40 N 新

〈公約〉NHKのスクランブル放送の実現。消費減税5%をはじめ、所得税や法人税の税率を下げて国民負担を減らし経済を活性化。これにより税収を上げる。交渉・防衛力の強化。敵基地攻撃能力の保有や民主主義国家との連携。安全かつ安定的なエネルギーの確保。

〈経歴〉会社員、フリーデザイナーを経て会社設立。堀江政経塾運営事務局副長。東京都。相洋高中退。


公約と経歴の見方
◆氏名、年齢、党派、自民党派閥【 】、現職/元職(当選歴のある人)/新人、推薦・支持【 】
※氏名(敬称略)は本名の漢字書き。芸名や旧姓が通用している場合は通称名
※年齢は投票日7月10日現在の満年齢
◆党派・自民派閥の略称は・・・自=自民党、立=立憲民主党、公=公明党、社=社民党、N=NHK党、諸=諸派、【茂】=茂木派

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR