過去最多6人立候補 長崎で論戦始まる 参院選公示、各地で熱く訴え

 22日公示された参院選の長崎選挙区(改選数1)には、1965年選挙に並ぶ過去最多の6人が立候補を届け出た。各候補は梅雨空の下、長崎市内で第一声。国の安全保障や新型コロナウイルス対策などが大きな争点として注目される中、それぞれが描く将来像や地域振興策、物価高騰対策などを訴えた。その後、選挙カーに乗り...

残り 1825文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR